日立市/水戸市の住宅見学会

初めての方へ

01:ニュースタンダードの家づくりとは

ニュースタンダードの家づくりは少し独特です。
例えば、一般的な新築一戸建て住宅の外壁に使用されているサイディングを使いません。
それは、サイディングを使わない方がメンテナンスの費用が掛からないし、意匠的に優れているからです。

サイディングを使用しない外観が苦手な方もいらっしゃるでしょう。
もちろん、そういった方にはニュースタンダードの家づくりを無理にはおすすめすることはありません。
私たちはお客様の家づくり(=未来づくり)を合意の上で進めて参ります。

02:資料請求や見学会はお気軽に

「ニュースタンダードの家づくりを気に入ったお客様に価値ある住宅を建てて欲しい。」
このように考えていますので、資料や見学会、相談会等を経て、「ニュースタンダードの家づくりは自分たちには合わない」という方は、遠慮なく別の工務店やハウスメーカーにご相談いただいて構わないと思っています。

私たちが建てる住宅は、これからのスタンダードとなる高性能(高気密・高断熱は当たり前)住宅。価格的には決してお安くは無いですが、長く住めば住むほどコストパフォーマンスに優れている、みなさんに是非お選びいただきたい住宅をご提供していると自負しています。でもそれは無理強いすることでもなく、個人個人の感性だったり、様々な要素があって、どこの家を建てようか…というのをみなさんは一生懸命探していると思います。

こういったものは価値観の違いですし、人それぞれの人生ですので多様性があって当然です。

だからこそ、まずは資料請求や見学会、相談会にいらっしゃって、ニュースタンダードの新築一戸建ての家づくりがどういうものかを知っていただきたいのです。
その上で、じっくりとご検討いただくことが、家づくりには大切なことだと私たちは考えます。

03:知って欲しいこと

例えば、ニュースタンダードには現場監督がおりません。
営業担当と、仕様決めや打合せを行うプロデューサーがひとつになったチーム制を採用しています。他の工務店やハウスメーカーでは、工事が始まるまでに一度もお客様と顔を合せることのなかった現場監督に工事を任せるのが一般的です。他意はありません、打合せ~完成引渡しまで、チーム全員で、責任を以て管理していくニュースタンダード独自のスタイルをこれからのスタンダードにして行こうと考え、取り組んでおります。
打合せで決めた時の想いや経緯などを一番理解しているスタッフが現場を管理した方が、より良い家づくりが出来ると私たちは確信しています。

一生を過ごす家づくりには必要な時間を掛けていただきたい。一方的な日程ではなく、検討~契約~工事~完成引渡しのスケジュールを一緒に考えて決定し、より適切な家づくりを進めていただきたい。間取りもオンリーワンですが、スケジュールもみんな一緒ではないとニュースタンダードは考えております。
ですので、個々に合わせたスケジュールの中で、大切な家づくりの依頼先を決めてください。

そのためにもじっくりとご覧になれる資料をお届けしています。
ぜひ、お気軽にニュースタンダードの資料をご請求ください。

04:資料請求は知ってもらいたいから

資料請求することと、住宅のご依頼は違います。
「資料請求だけ」「話しを聞いてみるだけ」「完成住宅を見てみるだけ」
そんな「・・・だけ」のお客様でも大歓迎です。なぜなら・・・
ニュースタンダードをより知っていただきたいからです。

日立市、東海村、ひたちなか市、水戸市エリアで新築の家をお考えなら、まずはお気軽にニュースタンダードに資料請求してください。そして、見学会、相談会にいらしてください。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO