日立市・水戸市の家づくりならニュースタンダード

家づくりのこだわり

皆さんがイメージする家族の未来づくり(家づくり)をニュースタンダードがお手伝いします

ニュースタンダードは嘘をつきません!

「日立」という場所に昭和元年の頃に材木店を出しました。今からずいぶんと昔のことです。30年前にお客様の声にこたえる形で、建築の世界に進出しました。
実は、材木店が建築業を営むことはタブーでした。材木店のお客様は「大工さん」や「工務店」です。問屋が小売りをしてしまったら、一般よりもずっと安く売れてしまいますから、ずるいですよね。
でも、地元で長く営業していることは信頼に結びつくようで、「森材木店に家作りを任せれば安心だ」なんて言われたら建築することを拒むわけにもいかなくなってしまいます。
逆に、信頼を受けてしまうと嘘をつくこともできません。地元で長く愛されるための条件は「正直であること」が絶対なのです。こうしたことで、現在に至っています。

ご家族の未来をイメージできていますか?

「住まいづくり」を単なる箱づくりと考えていませんか?
でも、その箱の中には「生活」があります。例えば共働きだったり、双子がいたり、お父さんが夜勤だったり、多趣味なご家族だったり、料理が趣味の奥様だったり、ペットがいたり、子供の年齢がはなれていたり、 ピアノを習っているお嬢さんがいたり、本をたくさん読むご家族だったり…。

でも、本当にライフスタイルを考えるなら、ご家族の未来をイメージすることが大切です。

ニュースタンダードは長く使える自然素材を使っています!

床材やシステムキッチンや外壁や、そうした見た目だけですべてをコーディネートしていくことが家づくりのようになっていますが、そうではなく、家に住んでからどう生活をしていくのかをイメージしてみてください。

完成した時の豪華さや奇抜さに目がいき、メンテナンスやその後の経年の利用を考えていない家もよく見かけます。

床材はいずれ汚れていき、傷つき、痛んでいきます。システムキッチンは汚れて、傷つき、古くなります。
広い広いバルコニーの防水面のメンテナンスには費用が発生します。
10年ぐらい経って、防水工事の見積書を見てびっくりするでしょうね。
だからニュースタンダードは、サイディングを使いません。
屋根のスレート瓦もグラスウールも合板フローリングも、10年先に高いメンテナンス費用が必要になるような材料は使いません。

何年も長く使える自然素材を使うのです。壁は漆喰調の自然塗料、床は無垢材を使い、経年変化を楽しみながら長く使える材料で家をつくります。

そしてニュースタンダードでは、皆様に永く大切に住んでいただくために、住宅がある限り無償で点検を行うサービス「ハウスドクター」も行っています。このサービスはオーナー様の間でとても好評です。

優秀なスタッフが、いつでも必要な情報をご提供します

ニュースタンダードは優秀なスタッフが原動力となっています。まず、ニュースタンダードのスタッフに会ってください。
そしてそのスタッフに、何でもご相談をしてみてください。住まいのこと、資金のこと、土地のこと、キッチンのこと、二世帯で住む不安、ローンを組む不安、かっこいい間取り…。 完成見学会や構造見学会、相談会や勉強会など、ニュースタンダードでは毎月開催しているイベントがあります。
構造見学会、完成見学会は防犯上、お名前ご住所を頂戴しますが、オフィスでのイベントは匿名でもご参加いただけます。
ぜひ、こうしたイベントで私たちに会ってみてください。もし、直接お越しになるのが不安でしたら、メールをください。メールアドレスが心配でしたら、ブログ、インスタ、LINEにコメントをください。
ニュースタンダードのスタッフは、いつでもあなたが必要とする情報をご用意させていただきます。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO