茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|株式会社ニュースタンダード

構造の違い・断熱の違い

ニュースタの見学会のチラシでもコラムを書いています。
チラシのコラムは文字数は少ないのですが、その分内容を研いでいます。
もし、お手元にチラシがあれば、森のコラムも読んでみてください。

YOUTUBEの「週刊ニュースタ」を始めました。

ルームツアーと比べると見てくれる人が劇的に少ないので、
モチベーションは上がりませんが、ラジオのようにご利用いただけるよう、
音声のみでも成り立つように作成しています。
運転中や作業中で、音だけで情報を得ていただければ幸いです。

+

YOUTUBEの「週刊ニュースタ」でもお話しをしていますが、
断熱に関する規制が変化をしてきています。
当然、どんどん断熱性能の低い住宅を建てることはできなくなっているのですが、
つまり、断熱性能の高い住宅が増えていくということになります。

ニュースタは2002年に高気密高断熱住宅を建築してから一貫して
高気密高断熱住宅の建築をおすすめてしてきました。
高性能住宅を建て始めてから20年近くなりますが、
少しずつノウハウを蓄積し、開始した当時よりも高い性能値を実現しています。

一方で断熱気密の低い住宅を建築してきた建築会社もいるわけで、
でも、急速に高性能住宅を建築するノウハウを得なければならない、
そうなると便利なのがFC(フランチャイズ)工法です。

決して否定するわけではないのですが、FC工法は簡単に性能を高められます。

気密はFCでも高めるのはかなり難しいと思いますが、
断熱性能だけならFCで高められるというわけで、
住宅業界のFC工法が急速に伸びています。

しかしながら、FC工法の場合はFC本部に払うロイヤリティがあり、
さらに今までの住宅価格を大きく上振れさせないような工夫が必要で、
つまり、安く高性能を実現させなければ意味がないのですね。

安く高性能を実現できるFC工法というのも事実存在しており、
こういった工法と比較すると、なるほど高性能も安く実現可能なのですね、となるわけです。

重複しますが、FC工法は本部に払うロイヤリティがあります。

ニュースタは本部がありませんから、ロイヤリティがありません。
でも、比較をすればFC工法より当社の工事費の方が高いかもしれませんよね。
それは断熱材の性能や施工方法の違いで、そこを知ってほしいのです。

断熱材はお布団のようなものです。

お布団は時々外に干せますが、断熱材は干せません。
お布団と異なり、水蒸気が断熱材に入らないようにする必要があります。
また、外周部の筋交い(すじかい)やコンセントボックス、梁の部分は
断熱材が薄くなったり入らなくなりますので、結露を起こす可能性が高いです。

それらに対してしっかりと対策をすれば施工費は高くなりますし、
結露に対して耐性のある部材を使用すれば部材費が高くなります。
部材と施工の両方があって、高気密高断熱住宅の性能が長く続くのです。

当社の性能と他社の性能が同じだったら?

その性能が長く続くためにどのような工夫がされているのか?
筋交い部分はどう処置されているのか、コンセントボックスは、梁は?
こういった部分の一つ一つをしっかりと対策しているのがニュースタの住宅というわけです。

FC工法と違って、ニュースタが自分自身で悩み、工夫し、現在の性能となっています。
全棟で気密測定し、全棟で断熱計算をすることができるのはそういったベースがあるからなのです。

単なる注文住宅じゃないんですよーー。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO