茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|株式会社ニュースタンダード

USBコンセントは必要か?

住宅がどんどん便利になっていきます。
最近はUSBコンセントが流通されはじめています。
ニュースタでも数回採用しています。

アダプターを利用することなく、USB-Aのソケットをそのまま挿せるのは便利です。
枕元に設置すればスマホの充電にはとても役に立ちそうですね。

ただね、ただ・・・。

私は大のガジェット好きです。
スマホやタブレット、スマートウォッチはもちろんですが、
スマートプラグ(外部から入り切りできる電源タップ)、
スマートキー(外部から開け閉めできる鍵)、
最近アップしているYOUTUBEもそんなガジェット好きが高じて、
というわけではありませんが、理由の一つにはなっています。

ニュースタのオフィスはスマート家電で使いやすさが改善されています。
パソコンでの作業も働きやすさが改善されているのは
最近のガジェットがあるから、だと言えます。

だから私の意見はちょっと偏りがあるのです。
異常なガジェット好きだからこそ感じる事を書きます。

ニュースタのオフィスで使用しているものはどんどん変化をしていきます。

例えばタイムカードのシステムもPCから打刻をするものから、
スマホで打刻をするもに代わり、今は社員証で打刻をしています。
今、ITの進化による業務改善は秒速で進んでいます。
昨日より今日の方が進化していますし、明日には新しいシステムが開発される。
導入前よりも導入後の方が生産性が高まりそうなものはどんどん開発されています。

そして、USB-AのソケットもだんだんとUSB-Cへと変化してきています。

このUSB-Cも、Thunderbolt3だとか4だとかちょっと面倒な話になるので
今回は割愛しますが、世間のコネクタはUSB-AからUSB-Cへと変わってきています。

理由の一つは表裏がないから。
どっち向きで刺してもOKなのは最近のスマホを使用して入ればわかりますよね。
iPhoneに付属のケーブルはライトニングのままですが、このケーブルも
(ライトニングと)反対側はUSB-Cになっています。
EUの規格では今後、USB-Cへ統合されると報道されていました。

USB-Aが消えてしまうわけではありません。
ですので、USB-Aのコンセントを否定するつもりはありません。
現に使用していて便利だと感じている方も多いと思います。

でも、時代の流れはとても速いのです。

もし、ご導入を検討されているのであれば、今後のUSB-Cが出るのを待った方が良いように感じますし、
でもUSB-Cもいずれは別の規格に代わっていくことを考えれば通常のコンセントのままの方が良いようにも感じます。

会社で使うビジネスフォンはとても高額で、そうそう入れ替えるものではありませんが、
こちらもどんどん変化をしてきて、インターネットを併用することで
今までまったく違う使い方ができるように変化をしてきており、
現在のニュースタではIP電話を普通に使用していますし、これがないとなりたちません。

こうやってどんどん変化を続けていきます。

USBコンセントを否定しませんし、否定するつもりもありません。
もし規格が変わったらコンセントは変える事もできます。
でも、費用のかかるものですし、じっくりとご検討をされてからご採用くださるようお願いします。

パナソニック|スイッチ・コンセント

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO