茨城県日立市/水戸市で注文住宅・健康住宅・ナチュラル住宅・かっこいいデザイン 家・自然素材の家|株式会社ニュースタンダード

家の性能と家のデザイン

これから住宅を建てようと思っているのであれば、絶対に大切なのは「性能」です。
それも、普通の性能ではなく、トコトン高めたものでなければなりません。

 

 

 

 

 

 

例えば断熱。

 

 

断熱は高性能のものを隙間なく入れることは最低条件です。
温熱計算をして断熱の性能(UA値)を算出するのも最低条件。
自動車で言えば燃費も知らずに車を買うようなものですから、断熱性能は必須です。

 

 

 

それから気密。

 

 

 

気密は0.5cm2/m2以下が最低条件です。
気密検査を行うことも最低条件。
気密が低くても大丈夫、なんて言う住宅関係者はいないと思いますが、
どれぐらいの数値なら良いのか、基準があいまいです。

 

 

 

1999年に国交省が定めた「次世代省エネルギー基準」では、
5cm2/2以下が関東地方の標準、2cm2/m2以下が北海道の標準としていました。

 

 

 

これはガバガバです。

 

 

 

最低でも0.5cm2/m2でないと気密をとる意味がありません。
気密が低いと隙間風で寒く感じる事、換気装置の効果が出ずに家の空気がよどむこと、
湿度が断熱材に浸透し、断熱性能の劣化になることなど、悪いことしかありません。

 

 

 

ちなみにモリハウジングでは0.1cm2/2~0.3cm2/m2程度と、かなり低く抑えています。
全棟で気密試験も行い、数値が低いことは確認してから作業をすすめています。

 

 

 

まとめると、断熱が高くて気密が低いことが良いのです。

 

 

 

 

しかし、最近、断熱性能の戦いが激しすぎるような気もします。
断熱性能もそうですが、耐震性能や防火性能もそう。
なんだかスペック争いになっているようにも感じます。

 

 

 

昔、機械式腕時計が全盛だったころ、腕時計には軸を受けるために宝石が使われていました。

 

 

 

 

機械式腕時計には無数のギアが内包されており、ギアの軸は延々と回り続けますから、
軸受けはだんだんすり減っていってしまう。
このため、硬度の高い宝石(サファイア)が使われていたのですが、
この宝石の数の競い合いになった時代がありました。

 

 

17~25石程度で十分なのですが、うちは50石だ、80石だとどんどんエスカレートし。

 

 

 

結果的には腕時計の機能である時間を正確に確認することが疎かになり、
時間の正確さではなく、石の個数で競い合っているのです。

 

 

 

 

住宅にも同じようなことが起きていないかな?と。

 

 

 

 

もちろん、性能は大切だと思っていますが、予算とのバランスもありますからね。
モリハウジングでは断熱性能は次世代省エネ基準は大きく上回り、ZEH基準も上回り、さらにその上の性能です。

 

 

 

 

それだけの性能を持っていますから、ここから先は目指しません。
そして、ここから先は自然素材の味わいを大切にしていきます。
自然素材の住宅。経年変化で雰囲気が変わっていく住宅。
革靴のように、皮のグローブのように、年々変わっていく。
手入れをすればまた変わっていく。
そんな家の素材にもこだわりつつ、性能も高くしていく。

 

 

 

これがモリハウジングの家づくりです。
高性能住宅探しに疲れたら、モリハウジングの素材の良い住宅へお越しください。
たぶん、私たちのお話ししていることが伝わると思います。

 

 

 

 

いい家は性能と素材から。

日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの見学会の予約 日立市・水戸市で新築住宅モリハウジングの来社予約
家づくりスキャナーPRO
line
日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの見学会予約 日立市・水戸市の新築住宅ニュースタンダードの直接来場予約
家づくりスキャナーPRO